子供の勉強嫌いを克服するために親がすべき5つのこと!

子供の勉強嫌いをなんとかしたい!

親としては切実な悩みですよね。

 

でも,親が子供のためと思って,
焦れば焦るほど,子供に厳しくしてしまい,
かえって子供の勉強嫌いを加速させてしまうことも・・・。

 

そうなってしまわないように,
子供の勉強嫌いを克服するために親ができることを紹介します。

 

子供が勉強嫌いになる理由

子供が勉強嫌いになる最初のつまずきは,
「勉強のやり方が分からない」
「授業についていけない」ということにあります。

 

これが積み重なると「勉強は楽しくない!」
という気持ちになってしまいます。

 

こんな気持ちのときに,
親から「勉強しなさい!」「この点数は何?」
などと言われてしまうことによって,
さらに勉強が嫌になります。

 

こうなってしまうと,
勉強から逃げ回るようになり・・・,
さらに勉強がついていけなくなっていき・・・,
さらに勉強嫌いになる・・・
という負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

勉強嫌いを克服するために親ができること

① 勉強のやり方を身に付けさせよう!

勉強嫌いになる理由の一つとして,
「勉強のやり方が分からない」
「勉強についていけない」ということがあります。

逆に,

「勉強のやり方が分かった」
「成績が上がった」となれば,
勉強を好きになっていきます。

 

勉強が好きか嫌いかは,
勉強ができるかできないかにかかっているとも言えるのです。

 

そして,勉強ができるかどうかは,
勉強の質と量のかけ算で決まります

いくら時間をかけて勉強しても,
効率の悪い勉強をしていたのでは成績は上がりません。

「勉強しているのに,ちっとも成績が上がらない」
となってしまい,勉強嫌いになってしまいます。

 

そのため,正しい勉強のやり方を身に付けることは,
勉強嫌いを克服するために,とても大切です。

 

では,子供に勉強のやり方を
身に付けさせるにはどうすればよいか・・・。

 

その答えは,早めに塾に通い始めることです。

 

もちろん,家庭で勉強を教えることもできますが,
子供を勉強嫌いにしないためには,最初が肝心ですので,
最初はプロの関与を求めた方が間違いないです。

 

塾での授業と宿題をこなすことで,
正し勉強方法と勉強時間を確保することができ,
勉強の習慣も身に付けることができます。

 

ここでのポイントは,
通信教育ではなく,塾であるということです。

勉強の習慣がない子供が,通信教育をやっても,
続かないことが目に見えているからです。

 

また,最初は,集団指導塾よりも
個別指導塾がオススメです

集団指導塾は,
一人ひとりの進捗に合わせてはくれませんので,
授業についていけなくなったとき,
勉強に苦手意識を持ってしまうことになります。

 

そのため,まずは,個別指導塾で,
一人ひとりの進捗状況に合った
正しい勉強方法と勉強時間を確保し,
勉強の苦手意識を持たずに
勉強の習慣化を目指すのがとても効果的です。

 

② 将来の目標を持たせよう!

勉強嫌いを克服するきっかけとして,
子供自身が勉強をする必要性を自覚すること
があげられます。

将来の目標を持つことによって,
それに向かって頑張ろうとする意欲が沸いてくるものです。

子供自身が将来の目標を持っているのであれば,
それと関連づけて勉強の必要性を説明してあげるとよいでしょう。

 

また,親との会話も大切ですが,
関連本を買い与えたり,
他の大人の話を聞く機会を作るのも効果的です。

 

もちろん,これらのことは,
将来の目標が決まっていない子供にも効果的です。

特に,他の大人の話を聞くことは,
視野が広がったり,
将来の目標が見つかるきっかけになるかもしれません

 

子供の興味のあるジャンルの講演会に
一緒に行ってみるのもよいと思います。

共通の話題を持つことで,
子供の応援をする際の声掛けに
具体性を持たせることができます。

③ たくさん褒めよう!

子供にとって,
親に褒められるほど,
うれしいことはありません。

 

また,親に褒められることで,
うれしいと同時に,
「頑張ったことは報われる」
「やればできる」と思い込むことができます

 

この「思い込み」は,
勉強嫌いを克服するために,
とても高い効果があります

 

得意だと思っていることには,
楽しく前向きに取り組むことができるからです。

そのため,たとえ成績が良くなかったとしても,
本人が「得意だ!」「勉強ができる!」と思っていれば,
その後の成績は伸びていく可能性が高いと言えます。

ですから,親としては,子供の能力を信じて,
子供が良い思い込みができるような声掛けを
心掛けることがとても大切です。

 

逆に,勉強嫌いの子供は,
「先生や親に叱られるから嫌々勉強している」
と思っていることがとても多いです。

 

日頃から,褒めることよりも,
怒ったり,勉強を強制するような声掛けの方が多いようでしたら,要注意!

 

子供の勉強嫌いを加速させているおそれがあります。

子供への声掛けには十分注意し,
たくさん褒めるようにしましょう。

④ 少しの勉強から始めよう!

子供に勉強をさせるには,
子供のやる気を引き出すことが効果的ですが,
逆に,勉強をすることによって,
やる気が引き出されるということもあります。

これは,脳科学の話で聞いたことがあるかもしれませんね!

 

さらには,勉強を毎日することによって,
歯磨きや呼吸と同じように勉強するのが当たり前となるとよいですよね!

 

その第一歩は,
毎日,少しずつでも勉強する時間を作ることです。

 

この際に注意すべきは,
最初から,ハードルを高くしすぎないことです。

 

勉強の習慣がない中で,
いきなり高いハードルを与えても,
これを乗り越えるほどの自力は付いていません。

 

まずは,確実に超えられるハードルからスタートし,
これを超えていくという達成感と自信を少しずつ付けさせていくことが大切です

 

これを繰り返していくことによって,
勉強の習慣が付くとともに,このころには,
高い壁をも乗り越えるだけの力が付いているはずです!

 

焦らずに,少しずつでも
勉強する習慣を付けるようにしていきましょう。

 

⑤ 知ることの楽しさに気づかせよう!

「勉強しなければならないから勉強する」
という考えでは,子供がワクワクしないですよね。

 

逆に,分からないことを不思議に思い,
調べて答えを発見し,驚き,楽しんだ
という経験を積むことで,
知的好奇心と地頭を育てることができます。

 

「新しいことが分かった!」という体験は,
好奇心旺盛な子供にとって,
さらなる好奇心にもつながりますし,
自分でどんどん調べていく力を付けることとなります。

 

子供に調べる習慣を付けるには,
親が子供と一緒に調べものをしたり,
日頃から「なぜだろう?」という疑問を子供と共有し,
一緒に解決する楽しさを味わうのが効果的です。

 

そのための第一歩は,
リビングに,図鑑や地図,辞書などを置いておき,
疑問が生じたときにいつでも調べられるようにしておくことです。

 

そして,テレビや家族との会話の中で,
疑問が生じたときは,一緒に調べて疑問を解消しましょう!

 

これの積み重ねによって,
いつの間にか調べる習慣が身に付き,
知ることの楽しさを実感することができるようになります。

まとめ

子供の勉強嫌いを克服するためには,
勉強のやり方を身に付けさせることがとても大切です。

そのためには,塾を使うのが効果的です。

勉強ができるかどうかは,勉強の質と量で決まります。

まずは,正しい勉強法を身に付けましょう。

 

そして,子供に将来の目的を持たせ,
勉強の必要性を自覚させましょう。

 

また,子供が勉強嫌いにならないよう,
たくさん褒めることを忘れず

勉強が習慣化するまでは,
少しずつ勉強するようにして,
子供の自力を育てましょう。

 

机の上の勉強だけではなく,
リビングで一緒に調べものをするなど,
親子で,遊び感覚を採り入れながら,
知ることの楽しさに気づかせるのも効果的です。

 

子供の勉強嫌いを克服するためには,
親の姿勢がとても大切です。

 

ここで紹介した内容を,
是非,試してみてくださいね。

子供の学力を伸ばす「明確な方法」とは?

子どもの将来のために少しでも学力を伸ばしてあげたい!
そう思っているあなたにオススメの塾があります。
子どものやる気と潜在能力を引き出すには,どうしたらいいのでしょう?
その答えは,こちらをご覧ください。

おすすめの記事